演題申し込み

一般演題(臨床研究・症例報告)お申し込みについて


①形態
    研究発表はすべて口頭発表で行います。

②資格

    研究発表者および連名発表者は日本臨床催眠学会会員(正会員または学生会員)である必要があります。口頭発表者(連名発表者)は、大会前日(11月4日)時点で会員として認められていることが条件となります。
    入会申請は、学会HP(http://www.hypnosis.jp/)の入会案内をご覧ください。

③時間
    発表時間は、質疑応答を含めて30分~60分を予定しております。発表数や内容によって変更することがあります。
*発表数などの都合で、発表時間などを調整いたします。HPおよびメーリングリストにて随時連絡いたします。

④使用機器
    Windows10のpcでMicrosoft Power Point 2019が使用できます。発表用データはUSBでお持ちください。また機器を持ち込まれる方は、VGA端子(D-sub15ピン)かHDMI端子のあるPCをご用意ください。HDMIで接続の場合は、音声の出力ができませんので、音声もご使用される場合、VGA端子をご使用ください。機器を持ち込まれる場合も念のためUSBでのデータをご準備ください。

⑤倫理的配慮
    発表に際しては、必要な倫理的配慮を行ってください。また症例報告(事例発表)においては、原則として事前にクライアント・患者に了解を得てください。

⑥COIの開示
筆頭発表者は利益相反状態について、発表時に開示が必要になります。

⑦配付資料
    当日の配付資料は各自でご用意ください。

⑧抄録作成要領
    こちらのファイルをダウンロードしてください。
⇒抄録作成要領ファイル

演題申し込み手順

演題の申し込みは以下の手順で行ってください。

  1. 参加申し込み:大会HPの大会参加申し込みシステム内で学術大会の「参加申し込み」を行う。
  2. 演題登録:同システム内で「演題登録」を行う。
  3.  参加費の支払い:指定の振込先に参加費を入金する。
  4. 抄録原稿の提出:入金が確認できた時点で、大会事務局から抄録提出に関するメールを配信します。その際、セキュリティのためのパスワードをお送りいたします。抄録原稿には必ず、事務局指定のパスワードをかけて送っていただきますようお願いいたします


※セキュリティがなされていない、またはパスワードが異なる場合、受付できませんのでご了承ください。

演題登録締切:2022年9月7日(水)

抄録送付締切:2022年9月24日(土)

抄録提出に関するメールは、参加費入金後に事務局より配信します。
お早めに手続きをお願い致します。

※抄録送付締切期限の記載に誤りがありました。
    抄録作成要領ファイルでは21日(水)との記載になっておりました。
    正しい期限は上記の通り24日(土)になります。訂正したファイルを添付しております。
    ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。